MENU

オリゴ糖の食べ方・飲み方

 
毎日のすっきりをサポートしてくれる嬉しい成分・オリゴ糖。

最近は砂糖を使う感覚で料理や飲み物に加えて気軽に摂ることができるタイプのものが増えています。


ではここでオリゴ糖の食べ方、飲み方を紹介しましょう。

一番、簡単なのはコーヒーや紅茶、ココアといった飲みものに砂糖代わりに入れて飲むこと。


乳酸菌の働きを良くする効果があるため、ヨーグルトにかけたり、乳酸菌飲料や納豆に混ぜて食べたりするのもよいでしょう。


オリゴ糖の効果は加熱しても変わらないので、料理に使うこともできます。

料理の味を損なわないので、味にうるさい方もオリゴ糖を使用していると気がつかないのではないでしょうか。


また、オリゴ糖は特に混ぜてはいけないものがないので、幅広い料理に使うことができます。

妊娠中は食べ物の好みが変化することがありますが、難しく考えることはなく自分の食べたいものに混ぜればOKです。

市販のものだと糖分が気になるジャムやコンポートなど、オリゴ糖を使って手作りしてみてはどうでしょうか。

バナナやオレンジ、リンゴなどの果物に水またはヨーグルトとオリゴ糖を足してミキサーにかければ、繊維質もたっぷりとれるスムージーのできあがりです。

グレープフルーツに少量のオリゴ糖をかけて食べてもよいでしょう。


オリゴ糖の甘さは製品によって異なりますが、砂糖の半分から4分の1程度でほんのりとした甘さが感じられます。

濃い味に慣れてしまい、つい食べて過ぎてしまうという方はオリゴ糖のやさしい甘さになれることで味覚をリセットすることもできます。


オリゴ糖は顆粒タイプのもの液体タイプのものなどがありますが、スーパーで安く売られている物などはショ糖や人工甘味料がたくさん加えられたりしているものも多いので、注意しましょう。