MENU

オリゴ糖はどれも同じ?

 
腸内環境を整えながら、毎日のすっきりをサポートしてくれる成分、オリゴ糖。
体に良いことは分かりましたが、オリゴ糖ならどんなものでも効果が期待できるのでしょうか。

オリゴ糖の種類にはいくつかあって、原料によって味や期待できるとされる健康効果なども変わってきます。
ではここで代表的なオリゴ糖をいくつか紹介しましょう。

まずは一番よく耳にするフラクトオリゴ糖です。

フラクトオリゴ糖は、はちみつやたまねぎ、ショ糖を原料としています。
フラクトオリゴ糖は甘みが強いのが長所です。


次に大豆を原料とした大豆オリゴ糖があります。
大豆オリゴ糖は甘みが強いにもかかわわらず、砂糖よりもカロリーが約半分程度とかなり低く抑えられるのが長所になっています。

とうもろこしや麦から少量のみ採れるキシロオリゴ糖
その他にも低カロリーの乳果オリゴ糖、コーヒー豆から抽出されるコーヒー豆オリゴ糖などもよく知られています。

さらに最近、人気を呼んでいるのが母乳に多く含まれるガラクトオリゴ糖です。

ガラクトオリゴ糖の甘みはそれほど強くないものの、体に良い成分が含まれており、巡りを良くしたり数多くの菌を強く育てる素材として知られています。

また、オリゴ糖の中には特に目立った特性はなく、甘味料として使用したときに品質や成分の安定化を図ってくれるという目的で使用されるものもあります。

便秘の改善のためにオリゴ糖を飲み始めるなら原料にこだわって選びたいもの。
オリゴ糖ならなんでもいい!というわけではないのです。

スッキリのためにおすすめのオリゴ糖はキシロオリゴ糖、乳菓オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖などです。
そしてこれらのオリゴ糖をバランスよくブレンドしているのが「はぐくみオリゴ」です。