MENU

オリゴ糖とビフィズス菌

 

オリゴ糖がなぜお腹にいいか?を調べてみると、オリゴ糖とビフィズス菌の間に密接な関係があることが分かります。

では、このオリゴ糖とビフィズス菌のそれぞれの働きについて考えてみましょう。

腸内環境を整えるとお腹の調子がよくなると言われていますよね。

ビフィズス菌はこの腸内環境を整えるのに役立ってくれる善玉菌と呼ばれる菌のひとつなのです。


反対に悪玉菌と呼ばれる大腸菌やウェルシュ菌などの増加は腸内環境を悪化させる大きな要因になっています。

ビフィズス菌を初めとする善玉菌たちは私たちの腸の中で日々、この悪玉菌と戦い続けているのです。


しかし、腸内のビフィズス菌はストレスや加齢、偏った食事などでも減少してしまうといわれており、ビフィズス菌を増やすことが腸内環境を整えるための大切なポイントとなっているのです。


ビフィズス菌はそれ自体を食品から摂るよりも、えさとなるオリゴ糖を摂って、腸内にあるビフィズス菌を増やすほうが効果的だと言われています。

胃や小腸で消化されずに大腸まで届くオリゴ糖なら効率よくビフィズス菌のえさとなってくれるのです。

オリゴ糖はもともと食品にも含まれる成分なので、食事から摂ることもできますが、含まれる量はごくわずか。
健康食品としてのオリゴ糖を摂ったほうが合理的だと言えるでしょう。

ビフィズス菌が増えれば、巡りが良くなりスッキリできるだけでなく、肌がキレイになる効果も期待できます。