MENU

善玉菌とは?

腸内環境を整えるために増やしたいビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌。この善玉菌の働きについてもう少し詳しく見てみましょう。

腸内の細菌には善玉菌の他に悪玉菌と日和見菌と呼ばれるものがあります。
悪玉菌は腸内環境を悪化させる菌、日和見菌は菌そのものは無害ですが、腸内で悪玉菌と善玉菌のどちらかが優勢になったときに、そのどちらかに傾いてしまう性質を持っています。

善玉菌は腸内環境を整える働きがあります。
腸内環境を整えるというと、以前は便秘を解消する効果のみが注目されがちでしたが、最近では体の免疫力を高めたり、さまざまな病原菌からの感染防止にも役立つことが分かってきました。
また善玉菌はビタミンを作り出す効果もあるのです。

便秘がちの人に肌荒れが多いように、腸内環境が悪化すると顔色も悪く、肌も荒れがちになります。
最近、「腸から美人に」という言葉をよく聞くようになりましたが、腸内の善玉菌を増やすことは、このように健康だけではなく、美容にも大きな影響をもたらすことが分かってきました。
さらに現代病のひとつでもある花粉症の改善にも善玉菌を増やし、腸内環境を整えることが効果的だと言われているのです。

善玉菌は現代のストレスの多い生活、肉が中心の食生活や運動不足などによって減少してしまいます。
規則正しい生活やバランスの取れた食事、適度な運動を心がけるだけではなく、食事や健康食品などで上手に善玉菌を増やす努力をすることも大切でしょう。