MENU

ビフィズス菌

 

ビフィズス菌と言えば、もはや知らない人はいないのではないでしょうか。

ここで善玉菌の代表格であるビフィズス菌について改めて紹介したいと思います。


ビフィズス菌はヨーグルトや乳酸菌飲料などに含まれていることが多いため、乳酸菌の一種だと思われがちです。
しかしビフィズス菌と乳酸菌は腸内にある異なる種類の善玉菌でその性質も異なっています。


腸の中にある善玉菌の99%以上がビフィズス菌であるのに対し、乳酸菌は1%にも満たないもの。
そして乳酸菌はビフィズス菌の働きを助ける役割を持っているのです。

腸内のビフィズス菌の数は最大で約10兆個にもなると言われています。


ビフィズス菌は私たちの体内にもともと備わっているものですが、加齢やストレス、偏った食生活などにより減少してしまいます。


ビフィズス菌には殺菌力の強い酢酸を作り出す働きがあります。
この殺菌力で大腸菌などの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を整えてくれるのです。

また腸の中を酸性に保ち、腸の運動を活性化することで毎日のお通じをスムーズにしてくれる働きもあります。
その他にも免疫力のアップやコレステロール値の改善、病気の感染を予防してくれる効果を持つビフィズス菌もあります。


ビフィズス菌は30以上もの種類があり、人の体のなかには個人差はあるのもの、約10種類程度のビフィズス菌が生息していると言われています。

年齢と共に減少していってしまうこれらのビフィズス菌をできるだけ増やすようにするのが健康維持にもつながるのです。


腸まで届くビフィズス菌やビフィズス菌のえさとなるオリゴ糖を毎日、こまめに摂り続けることでビフィズス菌の減少を防ぐように心がけましょう。