MENU

悪玉菌とは?

 

腸内環境を悪化させる腸内細菌を悪玉菌と呼んでいます。悪玉菌には大腸菌とウェルシュ菌、ブドウ球菌などがあります。
では、腸内でこれらの悪玉菌が優勢になると、どのようなことが起こるのでしょうか。

悪玉菌は腸内で腐敗をおこすため、悪玉菌が優勢になるとまず、おならや便が臭くなります。
また便秘している状態そのものが悪玉菌をさらに増やしてしまうということも分かっています。
おならが臭い!という方は腸内環境が悪化していることを疑ってみる必要があるでしょう。

その他にも悪玉菌はさまざまな有害物質を作り出すと言われています。
中にはがんや生活習慣病を引き起こす物質などもあります。
また悪玉菌が優勢になると腸内がアルカリ性に傾き、体の免疫力も低下していまいます。

このように私たちが健康でいるためには悪玉菌を減らさなくてはなりませんが、大腸菌などにはよい働きをするものもあるため、完全になくしてしまえばいいというものではないのです。

善玉菌がオリゴ糖を初めとする糖をえさとするのに対し、悪玉菌は脂質やたんぱく質をえさにしています。
肉中心の高たんぱく・高脂質の食事が増えると悪玉菌が増えてしまうのにはこのような理由があるのです。
オリゴ糖だけではなく、野菜や海草などに含まれる食物繊維も善玉菌のえさとなるため食物繊維を摂ることで悪玉菌を減らすことができます。
また食物繊維には便秘を解消し、排便を促してくれる効果があることは皆さんもよくご存じでしょう。

腸内環境を正常に保つには肉だけではなく、魚や豆類、野菜、くだもの、海藻やきのこなど、バランスの取れた食事をすることが大切です。 また、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を直接食べて補ってあげるのも、簡単に善玉菌を増やせる方法です。