妊婦 適度な運動

MENU

ほどよく体を動かしましょう。

 

一般的に、スッキリした毎日のためにはバランスの取れた食生活と適度の運動が効果的だと言われています。 スッキリできないと体が重く感じるようになります。 さらに妊娠中、必要以上に体重を増やさないためにも運動をしなければ!と思っている妊婦さんも少なくないかもしれません。 しかし妊娠中にできる運動は限られています。 激しい運動はもちろん、不安定な姿勢を取ったり、無理な姿勢を強いられるような運動は厳禁です。 軽いジョギングをするという人もいるようですが、転倒する恐れがないとも言えません。 特に妊娠初期は流産しやすいことに加え、周りから見て妊婦さんであることが分かりにくい場合もあります。 したがって周囲の人が必ずしも配慮してくれるとは言えず、他の人にぶつかったりする危険性もないとは言えないのです。 また力みやすい腹筋やスクワットのような筋肉トレーニング、無酸素運動もあまりオススメできません。 妊娠中に可能な運動は軽いウォーキングやスイミング、ヨガなどの有酸素運動が挙げられます。 もちろんこれらの運動が可能なのは妊娠の経過が順調な場合に限ります。 経過が良好であっても必ず担当の医師に相談してから始めるようにしましょう。 最近ではヨガやスイミング、水中ウォーキングなどマタニティコースを実施しているところも増えてきています。 妊婦さんへの配慮もされていますので、通常のコースよりも安心して参加できると言えるでしょう。 ただし運動中に気分が悪くなったり、異常を感じたらすぐに休憩すること。 またストレスを感じるほどの過度の動きは避けるようにしましょう。