繊維質も摂りましょう

MENU

適度な繊維質も大切

妊婦さんの場合はお腹が張ってよけいに苦しくなることも。

妊娠中は食事の栄養バランスにも気を配るようしなければなりません。

便秘解消のために積極的に取りたい成分といえば、やはり繊維質でしょう。
野菜や果物だけでなく、サプリメントやドリンクなどで食物繊維を摂るようにしているという女性も多いのではないでしょうか。

確かに妊娠中も繊維質は積極的に摂りたい成分のひとつであると言えます。
しかし、繊維質は便秘症の人すべてに効果が期待できるわけではありません。
まれに繊維質を摂ると便秘の症状がひどくなるという人もいます。
これはなぜでしょうか。

便秘の種類には腸がぜん動する動きが弱まる「弛緩性便秘」の他に「痙攣性便秘」と呼ばれるものがあります。
便秘に悩むほとんどの人が弛緩性便秘であると言われていますが、最近では痙攣性便秘に悩む人も増えてきているそうです。

この痙攣性便秘は悪玉菌が増えるなど腸内環境が悪化しているケースやストレスや不規則な生活などにより腸が動きすぎてしまったり、痙攣したような状態が続いているときに起こります。
排便する前にお腹が痛くなる方や排便しても少ししか出ないという方は痙攣性便秘であることを疑ってみる必要があるでしょう。

また妊娠中はただでさえお腹が張りやすいため、水分を摂りすぎたり、カサの多い繊維質を摂るとすぐにお腹が張ってしまって苦しくなるという人もいます。
妊娠中で繊維質を摂ると便秘がひどくなるという方や、お腹が張って繊維質がなかなか食べられないという方は善玉菌を増やす食品を摂るなどして腸内環境を整える努力をしてみるのもいいかもしれません。