MENU

マッサージで便秘解消?

子宮を収縮させてしまうこともあるので、気を付けましょう。

運動が思うようにできない場合、手軽にできる便秘解消の手段としてマッサージを挙げる人もいます。
乳幼児が便秘で苦しんでいるときにもお腹のあたりにのの字を書くようにしたり、子供のお腹をさすってあげたりするのも便秘解消のマッサージの一種と言えるでしょう。

大人ができる便秘解消のためのマッサージには腸を直接手で揉んで刺激を与え、腸の中にある老廃物を移動させなながら、便意を促すようにするというものもあります。
ある程度の力を入れて刺激するため、ウェストラインをすっきりさせる効果も期待でき、便秘でお腹がポッコリしている女性にとっては便秘解消とダイエット、一石二鳥とも言える手段です。

その他にもおへその周りを優しく、子供にするのと同じように、のの字を書くように時計周りにマッサージするというオーソドックスな方法や直腸の出口に近い足の付け根の部分をマッサージするのも便秘解消に効果があると言われています。

しかし、これらのマッサージも妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに影響を与える場合があるため、あまりお勧めできません。
さらに外部から腸に刺激を与えることで、腸と共に子宮を収縮させる恐れもあるため、流産や早産を招く危険性がないとは言えないのです。
もちろん強いマッサージを行うのは論外です。

産婦人科医の中には妊娠中には便秘解消のマッサージは行わないようにと指導している医師もいるようです。
普段からマッサージが習慣になっていると言う人も妊娠中は医師に相談してみるようにしましょう。